WORKS by MEMBERS

2019

牧野 哲平

牛窓にいりくる舟 -帆による牛窓の風景の調和ー

2019年度 岡山理科大学工学部建築学科 卒業設計審査会 最優秀賞

令和元年度建築学科優秀卒業設計作品表彰[日本建築学会中国支部]

第15回優秀卒業作品表彰 優秀賞[岡山県建築士事務所協会]

第 61 回全国大学・高専卒業設計展示会 出展作品

 瀬戸内には、今も昔も船足の残る穏やかな内海の光景が広がっている。この計画は、その原点となる光景に立ち返り、牛窓の景観調和に挑戦した意欲作である。

 計画地である牛窓は、かつて潮待ち風待ちの港町・唐琴通りとして栄えていた。しかしながら今は荒廃し、その存在は忘れ去られようとしている。一方で、ギリシヤのミティリニ市との姉妹都市締結をきっかけに、昨今オリーブや白い外壁が特徴的なリゾート開発が局所的に展開している。残念ながら現状では、両者が調和することはなく、ちぐはぐとした風景を牛窓にもたらしている。

 この計画では、瀬戸内とエーゲ海に共通する船足の残る穏やかな内海の光景に立ち返り、帆が集積する造形に可能性を見出した。そして、なまこ壁等の唐琴通りの要素と、組積造等のギリシヤの要素をそれぞれ抽出し、それらを一旦解体して、抽象的な模様として帆へ転写した。また、この帆の造形は、唐琴通りにも展開され、井戸端の風景の復活にも寄与している。

 明治以降、東洋と西洋の狭間で、日本の街並みは大きく翻弄されてきた。この計画では、内海の原風景へと「溯源」し、一旦「解体」した現状の不調和な風景を、原風景に即した新しい風景として「再構築」するという荒業を、曲がりなりにもやり遂げている。画一的な保存でもなく、スクラップ&ビルドでもない、新たな街並み形成のあり方に一石を投じたと言えるのではないだろうか。

2019

2019年度 4回生

先住ネコと歩む家

木の家グランプリ2019 上位20 選

 馬淵研究室では、研究室活動の一環として、「木の家グランプリ2019」に参加しました。書類による事前審査を通過(通過作品:140作品)し、模型を持参して京都造形芸術大学での本審査にのぞみました。惜しくも、ファイナリストの上位10作品に残ることはできませんでしたが、学生たちが初めて参加する設計競技会で上位20作品に選ばれたことは、学生たちの自信と次への活力につながりました。

 今年度は「小さな家。少ない家。」というテーマで、「小ささ」「少なさ」の解釈を問う課題でした。学生たちは、トランプ大統領に象徴される保護主義の考え方が世界に充満する今、自他の線引きを超えて、先住猫に敬意を払いながら謙虚に「小さく」住まう夫婦の営みを提案しました。

2017

山村 拓也

温泉と牛がつくる通りと新たな町並み

第13回優秀卒業作品コンクール 会長賞[岡山県建築士事務所協会]

 「湯村温泉」は、兵庫県北西部の日本海側の山陰地方に位置し、新温泉町にある自然豊かな町で山陰ジオパークに認定される街である。街中に入れば人よりも先に牛に会うと言われるほど、牛のいる日常的風景が広がっている。

 この計画は、バスターミナル・温泉街の沿道・空き家に注目し、「温泉」と「牛たち」が織りなす活気あるまちづくりを提案した独創性の高い作品である。

 まず、温泉町への交通の要所であるバスターミナルには、足湯や入浴ができる集約された温泉機能と、但馬牛の競りが見学できる体験型市場機能を付加させて、住民と観光客が交流できる新たな地域拠点として再興させた。次に、温泉地として寂れてしまった街道には、温泉と同時に但馬牛も味わえる飲食店群や、沿道を闊歩する牛を使って移動できる沿道を計画し、バスターミナルから街の内部へ賑わいを引き込む工夫が凝らされた。最後に、空き家には、すでに温泉が引き込まれている利点を生かして、スローツーリズムを楽しむ観光客が長期滞在を楽しむことができる宿泊施設を展開させた。

2016

ランディ ハントロ

Scenery of Words ー釧路国際旅客船ターミナル新設計画ー

日本建築学会北海道支部主催卒業設計競技「短大・高専・専門学校」の部・金賞
第 58 回全国大学・高専卒業設計展示会 出展作品

 人が交わる場(国際旅客船ターミナル)を、「想いの集積」と見立てるところから始まる。この場には、国内外から多様な文化や民族、宗教等の異なる人々(国内外の観光客や釧路市民)が繰り返し集まる。そして、それぞれの価値観に基づいた想いを集積できる場所を本施設に計画することで、人々が交流しながら多様な価値観が1つの形態をなす場をデザインする。国内外の観光客と釧路市民の出会いをデザインし、市街地近郊に日本国の出入口に相応しい象徴的な国際旅客船ターミナルを提案する。

2015

林 紗桜吏 
風の彩

第 57 回全国大学・高専卒業設計展示会 出展作品

 釧路市、桂恋。この大地をキャンパスに新鋭画家が風の筆をとる。365日移り変わる砂の形、波の音、日の光、これが画材となり一人の画家を中心にアートの街が形成されていく。刻々と変化する大地のキャンパスは、アートの新しい風を求める人々を呼び、キャンパスと一体になってはじめて真のアートとなる。

© 2020 by MABUCHI Daiu created

馬淵大宇_2019_学生作品16