top of page
  • 執筆者の写真Daiu Mabuchi

人と動物の新たな遊び場

2023 片山 綾吾

 

 公園の遊具が減少し、高齢者向け健康器具が増加する今、以前のような子供が学び、成長する公園は少なくなっている。その為、今一度既存の子供向けの施設に力を入れることが重要だと考える。今回、私は玉野市のおもちゃ王国と渋川動物公園が隣接する敷地に新たな宿泊施設を建てることを計画する。2つの施設の問題点である、営業時間と周辺の道路の渋滞。2つの問題点を解決する宿泊施設を計画することで子供が学び、育つ新たなエリアとして玉野市の活性化に繋がると考える。

 

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page