top of page
  • 執筆者の写真Daiu Mabuchi

境界のない街 ―人と人を繋ぐ地域コミュニティデザイン―

2022 横松真歩

  • 2022年度 岡山理科大学工学部建築学科 卒業設計審査会 佳作

 

 かつて、帰宅する際、「おかえり」「ただいま」という交流があり、“家に帰る”だけでなく“地域に帰る”という感覚のあった三野町。現在は地域交流が減少し、いつしか“地域に帰る”という感覚は失われていった。

 そこで、地域に開く住宅を複数計画し、地域の様々な場所での交流を生むとともに、デイサービスやワークスペース、英語教室などの機能を持つ「みんなの家」を計画し、人々が集まる空間をつくることで、様々な世代の交流を生む。交流は住民同士の共助の関係を生み、住みやすいまちづくりへと繋がる。

 

閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page