top of page
  • 執筆者の写真Daiu Mabuchi

おきゃくする建築 ー地方文化を内包した多世代交流型シェアハウスの提案ー

更新日:2023年6月9日

2022 片岡晃太朗

  • せんだいデザインリーグ2022 セミファイナリスト100選[仙台建築都市学生会議]

  • 第54回毎日・DAS学生デザイン賞 大学生の部「金の卵賞」<建築部門>入選 [総合デザイナー協会]

  • 第20回集合住宅再生・団地再生・地域再生学生賞 奨励賞 [団地再生支援協会]

 

 近年、身者の増加や高齢者問題などから家族形態は多様な変化を求められている。本計画では、高知県吾川郡いの町の既存建築物を対象とし、地域に調和した建築へと変化させる。

 機能としては、新しい家族形態のきっかけとなる高知県の伝統的な「おきゃく文化」を建築に付加しながら多世代共生型のシェアハウスを提案する。「おきゃくする建築」は地域と観光を結び多世代の交流を可能にし、地域の伝統や文化を町全体に広げながら、社会にこれからの新しい関係性を提示する。

 

閲覧数:181回0件のコメント

Comments


bottom of page